問いから始まる中国ビジネス・経済・IT・語学のブログ

ビジネス・経済・IT・プログラミング・中国・言語に関する考察を発信していきます

MENU

読書

『ファクトフルネス』:作者、ハンス・ロスリング等の感想

この本を読むべき人 『ファクトフルネス』の要約 感想

『人生は運よりも実力よりも「勘違いさせる力」で決まっている』(著者:ふろむだ)の感想

この本を読んだ背景 『人生は運よりも実力よりも「勘違いさせる力」で決まっている』 『人生は運よりも実力よりも「勘違いさせる力」で決まっている』の要約 錯覚資産の積み上げ方 1.錯覚の種類 2.錯覚の強度を上げる 3.錯覚の範囲を広げる その他 まとめ…

【要約と考察】『本を読む本』を読んでみて考えてみた読書の原理と方法について

目次 はじめに 『本を読む本』を短くまとめるとどういう本なのか? 良書とは何か? 知的とはどういうことか? 読書における積極的とはどういう事か? どのように知的に積極的に読書を進めればいいのか? レベル1:初級読書 レベル2:点検読書 レベル3:分…

【要約と批評】ジェームス・W・ヤング、「アイディアのつくり方」、訳:今井茂雄・解説:竹内均

目次 目次 ジェームス・W・ヤング(1886ー1973)について アイディアのつくり方について 要約 アイディアの原理 一般的知識と特殊知識 既存の要素の新しい組み合わせ アイディアは5つの段階を踏んで生成される。 ①情報収集 ②情報の解釈 ③組み合わせ…

【要約と感想:犬飼ターボ「TREASURE」】

1はじめに 1−1本について 「TREASURE」は主人公のコウジが脱サラして、起業し、居酒屋を運営して自分の目標を達成していく姿を描いた物語です。

【要約と感想:犬飼ターボ「CHANCE」】

今日の本の紹介は、犬飼ターボの「CHANCE」です。 今回の本のカテゴリもマインド系です。

【要約と感想:犬飼ターボ「星の商人」】

今日ご紹介するのは、犬飼ターボの「星の商人」です。