読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Narumi Yamauchiのつぶやき

考察とかを発信していきます

個人ブログを作成した理由

初めまして。

山内成身(ヤマウチ ナルミ)と申します。

 

現在、個人ブログとは別に、中国をテーマにブログを作成しています。

しかし、そのテーマの中で自分の考えや個人的なことを発信することはテーマに合いません。

だから、個人ブログを作成しました。

 

 

今回、僕が個人ブログを作成しようと思った目的は以下の3つです。

 

  1. 自分の考えを整理すること
  2. 恐れずに自分の考えを発信できるようになること
  3. 将来的に実行する事業の同志を集めること

 

 

1自分の考えを整理すること

僕は、今までのインプットの量に対して、アウトプットの量が圧倒的に少ないのです。

このブログで自分の考えを発信していくことで、空想上の計画や考え方を実務レベルに落とし込んでいけるようになると考えました。

 

これは以下の僕の考え方に支えられています。

 

インプットは知らないことを直接吸収し、自分の知識・考え方をレベルアップさせてくれるものです。しかし、知識・考え方を現実の問題に対して、うまく使えるようになるわけではありません。

これに対して、

アウトプットは知らないことを直接吸収し、自分の知識・考え方をレベルアップさせるわけではありません。しかし、アウトプットは、自分の知識・考え方を現実の問題に対して、うまく使えるようになっていきます。

 

つまり、

インプットはアイディアはくれるけど、使えるようにならない。

それに対して、

アウトプットは、アイディアはくれないけど、使えるようになる。

 

ってことです。

 

ただ、以上のことは単純に考えたものであって、現実は少しだけ複雑です。

例えば、インプットがアウトプットになる。ということが稀にあります。

 

稀といった理由は、これは非常に難しいと考えているからです。

インプットするだけで、アウトプットできるようになるというレベルになるには、先に相当のアウトプットの数が必要だと思います。

 

具体例:

サッカー選手のメッシのドリブルを見ただけで、自分もできるようになる。

水泳平泳ぎの北島康介選手の泳ぎ方を見ただけで、自分もできるようになる。

司馬遼太郎の本を読んだだけで、自分も同じようなものが書けるようになる。

*アウトプットの経験が一流プレイヤー並みに多ければ、できる可能性があるかもしれませんが、普通に考えると過酷すぎます。

 

 

逆の例だと、アウトプットがインプットになる。ってこともあります。

こちらの方が現実的で効果が高いです。

 

アウトプットして出た結果を反省することで、アウトプットに関する新たな知識・考え方をインプットできるという意味です。

 

具体例:

バスケットボールのシュート打った結果、外れた。なぜ外したのかを反省する。

スーパーで商品を販売した結果、売れなかった。なぜ売れなかったかを反省する。

文章を書いてみて、読者に分かりにくいと指摘される。なぜ分かりにくいか反省する。

*この例だと現実的で、実際にあなたも経験があるんじゃないでしょうか?

 

僕が特に重視している点は自分の能力を実際に使えるようになることです。

そのためにブログでは、アウトプットの数と質を上げていくのが目的です。

 

2恐れずに自分の考えを発信できるようになること

 

実際のところ、今までこの問題に取り組めませんでした。

理由は当事者意識が足りなかったからです。

当事者意識は責任感とも言い換えることができると思います。

責任感が持てないことを、自信を持って発言することは無理じゃないですか。

だけど、僕は最近まで、ブログは無名でやったほうが便利ではないかと考えていました。これ、実は自分の発言したことに対して責任を持たないことと同じなんです。

当事者意識のないアウトプット、責任感のないアウトプット、責任感のない行動の見返りは想像以上に低いものでした。

 

以上のことを反省したので、

自分の意見に責任を持とうと、ブログを実名で書いてみました。

そうすれば、自分の意見を恐れずに発信できると考えたわけです。

 

3将来的に実行する事業の同志を集めること

これは本当にシンプルで

 

近い将来、事業をするときに必ず仲間が必要になります。

 

そのときに、僕の話す情熱的な言葉と冷静な計画でついてきてくれる人が1人でもできるようにするためです。

 

まとめ

以上が個人ブログを始めた理由です。

更新する頻度は不定期で、内容も多少硬くなります。

時期が来るまでブログを通して、自分の能力を磨いていこうと思います。